Osaruのあそぶろまなぶろ

アラフォーリーマン。日々の遊び、学びを書いてます。

R-SIMでSIMロック解除して海外でdocomoのiphone6使ってみた

      2018/10/27

ぼくはヤフオクで落札した中古のドコモiphone6を使用しています。
最初に買った本人の名義ではないためドコモショップに持参してもSIMロックを解除できません。

先日、シンガポールへの出張があり、現地でiphoneを使えないは不便なのでr-sim12でSIMロックを解除し、現地のSIMカードを使用しました。
簡単にできるのでやり方をレポートします。

スポンサーリンク

r-simを買う

まずはr-simを買ってください。Amazonでもヤフオクでも秋葉原でも、どこでもOKです。安いです。
現在(2018年10月)の最新verはr-sim12です。

現地のsimカードを買う

現地に到着したらsimカードを買いましょう。なんでもいいです。
ぼくはセブンイレブンでstarhubの12シンガポールドルのsimカードを買いました。
※購入するときはパスポートが必要です。

starhub simカード表面

starhub simカード表面

starhub simカード中身

12シンガポールドルのsimカードのスペックは下記のとおりです。
1、使用可能期間:7日間
2、シンガポール国内での使用可能データ:100GB
3、シンガポール国外での使用可能データ:1GB
4、シンガポール国外への国際電話:30分
5、SMS:100回
6、シンガポール国内電話:500分

十分すぎるスペックです!

simロック解除手順

simロック解除の手順を記載いたします。ここからはWIFI環境が必要です。

現地simを外す

型からsimカードを外します。

simアダプタにr-simを乗せる

simアダプタを取り出し、
r-sim12⇒現地simの順に乗せてiphoneに挿入してください。↑r-sim12を乗せたところ。

r-simの設定

r-simと現地のsimをiphoneに挿入したら、
「*5005*7672*00#」
に電話をかけます。

↓下記画面になるので、今のiphoneのキャリアを選択してください。
AU=「JP AU」
softbank=「JP SB」
Docomo=「JP Docomo」
です。

↓次は下記画面になります。
starhubの場合は上から2番目の
「TMSI.2G/3G/4G(Auto/Manual」
を選択したら繋がりました。
これは現地の各キャリアによって違うようですので、上から順に試してみてください。

↓成功すると下記画面になります。「了解」をタップすれば完了です。

↓ちゃんとstarhubの電波をキャッチできたので、左上に「starhub 4G」が表示され、starhubからアプリのインストール案内がsmsで届きました。

APNの設定

ここまで来たらAPN設定をします。
↓説明書にはマニュアルかアプリでAPNを設定するよう記載があります。
マニュアルであれば、
設定>一般>ネットワーク>モバイルデータ通信ネットワーク
でAPNを「SHPPD」と入力します。(starhubの場合)

アプリであればインストールすれば自動でAPNが設定されます。
↓starhubのアプリからはsimの有効期限、電話番号、パケットデータの残量などが確認でき便利なのでアプリをおすすめします。

まとめ

イモトのwifiは1日で1,500円~2,000円ほどかかってしまいますが、ぼくは7日間で12シンガポールドル(約1,000円/7日。2018年10月レート)とr-sim代だけで日本と同じようにスマホを使うことができました。

simロックを解除できないスマホをお持ちの方にはとてもおすすめですのでぜひトライしてみてください!

 - 節約