ブログ運営

【無料】ドメインキングでSSL化した方法を解説

ドメインキングにて共有SSLを発行してサイトのSSL化ができたのですが、ドメインキングのマニュアルが不親切?(ぼくの物分かりが悪い?)で、とてもわかりずらかったのですが、なんとか、SSL化できたのでやり方解説します。

SSL/TLSサポートを有効にする

まずはSSL/TLSサポートを受けられるように、設定を有効にします。

↑サーバーにログインしたらウェブホスティングをクリック。

↑対象のドメインをクリック。

↑PLESK管理ツールを開く。

↑ホスティング設定をクリック。

セキュリティの「SSL/TSLサポート」にチェックを入れて、OKをクリック。

※もともとチェックが入っていればそのままでかまいません。

Let's Encryptで証明書を発行

Let's EncryptでSSL/TLS 証明書を発行します。

↑PLESK管理ツールから「Let's Encrypt」をクリックし、

・メールアドレスを記入(入力されている場合は確認)

↓下記3項目にチェックを入れる。

・ドメインおよび選択された各エイリアスに「www」サブドメインを含める
・このドメインでウェブメールを保護
・ワイルドカード SSL/TLS 証明書を発行

入力が終わったら「インストール」をクリック。

レコードタイプ、ドメイン名、レコード情報がでますので、メモ帳に張り付けしておきます。

DNSレコードを追加

マイアカウントページ[ドメイン]から、該当のドメイン名を選択し、「DNSレコードを管理」をクリック。

新しいレコードを追加の画面にさきほど発行したSSL/TLS 証明書情報をコピペしてOKをクリック。

レコードタイプ:TXT

テキストデータ:レコード情報をコピペ

ホスト(オプション):ドメイン名情報をコピペ(最初の一文字目にアンダーバーがあればそれも忘れずに!!)

Let’s Encryptインストール後の常時SSL化

常時SSL化のための設定を行います。

PLESK管理ツールのホスティング設定を開く。

・優先ドメイン:.URL(www. プレフィックスあり/なし) を任意で選択。(どちらでもいいです)

・セキュリティ|SEO に対応する HTTP から HTTPS への恒久的 301 リダイレクト にチェックを入れる。

・インストール済みのLet’s Encryptをタブから選択し[OK]をクリック。

以上でSSL化は完了です。

まとめ

今までSSL化しなきゃな、、、とは思いつつ、以前wordpressを好き勝手いじっていたら真っ白にしてしまい、復旧が超大変だったというトラウマがあるため、知らない作業をするのは怖くて逃げていました。。。

実際チャレンジしてみたところ、2~3時間くらいかかってしまいましたが、なんとかSSL化することができました。

みなさまもぜひチャレンジしてみてください。

こちらのサイトがお役に立てるようでしたら幸いです。

 

ad

-ブログ運営

Copyright© Osaruのあそぶろまなぶろ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.